特殊な繊維で色を落としたスウェット!BANKS JOURNAL好きには堪らない。

こんにちは
尼崎店のゴー君です!

 

本日のBLOGは近日公開予定
BANKS JOURNAL(バンクスジャーナル)
さんから新作アイテム入荷致しましたので
スタイルと共にご紹介していきますので、
最後までお付き合い頂ければと思います。

 

 

BANKS JOURNAL
(バンクスジャーナル)


MODULE CREW

 

・DIRTY DENIM



 



 

 

・BRONZE



 



 

 

・SAFFRON

 



 



 

 

¥9,800+TAX

 

 

 

『サイズ感のご紹介』

まず始めにサイズを
皆様に知って頂くために
178cm、68kg、Lサイズを自分が着て
ご紹介致します。

 



 



 

 



 



 

 

 



 



 

 

178cm、Lサイズで着用可能!

着丈は丁度好い長さですが、
少し長さが欲しい方は、
ワンサイズ上げてもらっても
大丈夫です。
肩はドロップショルダーなので、
普段、洋服を着るとき肩幅が気になる方でも
余裕を持って着ていただけます。


 

 

(自分もスポーツをしていたので、
肩幅がありますが、
Lサイズで肩幅には余裕
いつもより短く着ました)


少し着丈がほしい方は,,,,,,

~165cmの方はMサイズ
~175cmの方はLサイズ
176cm~の方はXLサイズ

 

*個人差があります。

 

 

M~XLサイズまでご用意していますが、
商品に限りが御座いますので、
お早目の検討オススメ致します。

 

 

 

『動画』

 



 

動きがあるのでサイズ感が
分かりやすいと思います。
よかったら参考に
してください。

 

 

 

『サイズ表記』



 

さてさて

 

サイズの方ご紹介致しましたので
実際に着用したスタイルを皆様見て頂きます。

 

 

 

『STYLE』

 



 

胸元にはブランドネームの
BANKS JORNAL(バンクスジャーナル)
がプリントされています。
シンプルなデザインなので、
流行り廃り無く、着れる!
パンツを濃い目のデニムで合わせる事で、
アメカジっぽく演出できます。
また、もう少し淡いデニムで合わせるて
足元にはCONVERSE&VANSのスニーカーを
取り入れると、サーフテイストで演出できます。

 



 

ゴールドのようなカラーで
生産時に特別な繊維で色を
バランスよく全体に抜いているので、
アジのある一枚に仕上がっています。

 



 

バックには大きくフォントデザインでなので
すごくかわいい!!

LOS ANGELES
TOKYO
BYRON BAY

三つ州、首都がプリントされている。

BANKSはアメリカ、オーストラリア、日本の
世界共同のプロジェクトになり、
サーフ系の大手ブランドの方々が手がけ、
デザインされたと一着。

街中や海沿いでも違和感無く、
お洒落に合わせる事や男女問わず
着て頂けます。

 

 

一枚じゃこれから大変、、、


 

 

そう!これからの時期に一枚で着ると
寒くて耐えられません。
でもどういう合わせをすればいいのか?
定番で皆様が持っていると思う
アウターのカラーでイメージして
いただきます。

 



 

色物で合わせるより
大人っぽく見せたい時は、
黒などのアウターを着て頂ければ、
インナーが差し色で明るい印象に!!!
普段は黒、白の定番をインナーにするのではなく、
今回紹介しているBANKSのような
洗いをかけたような色で
チョイスして頂くと、これまでと違った
コーディネートで楽しくお洒落ができます。

 



 

このようなスタイルになります。

今期、皆様がお持ちでないカラーや
シルエット、デザインなどに手を伸ばし
冒険してみるのもアリかと思います。
皆様に似合う洋服をスタッフと一緒に
探してみませんか?
尼崎店ではこの他に2020AWの
アイテムが御座います。
是非、店頭まで足を運んでみて下さい。

昨日のあなたよりカッコよく、
可愛くなって見ましょう!

 

それでは店頭でお待ちしております。

 

 

<インスタグラム>

 

BLUE IN GREEN_AMAGASAKI

 

尼崎店

SHOP AMAGASAKI

Open 10:00 - 20:00
兵庫県尼崎市潮江1-3-1 あまがさきキューズモール2F
Tel&Fax:06-6493-4000 / Mail:amagasaki@blueingreen.jp

地図を見る

尼崎店の新着記事

尼崎店の記事を全て見る

LATEST ARTICLES

ページの一番上へ